クレオパトラも愛用『ビーポーレン』

森羅万象

『ビーポーレン』〜それはミツバチからのお土産でした

クレオパトラも愛用『ビーポーレン』

クレオパトラも愛用したと言われるミツバチ花粉は、人類の歴史の中で食べられてきた自然由来の健康食品です。
ミツバチは花粉を蜜で団子状にして後ろ足につけ巣箱に持ち帰ります。これがビーポーレン(ミツバチ花粉)です。ビーポーレンは蜜蜂同様ミツバチの食料であり、女王蜂の食料であるローヤルゼリーの原材料となります。蜂蜜にまさるとも劣らない貴重な栄養源です。

ビーポーレンは「パーフェクトフード」

花粉はそもそも植物が子孫を残すためのものです。生命を紡ぐ遺伝子と、生命力そのものとも言うべき豊富な栄養素が詰まっていますので、私達の健康を力強くサポートしてくれます。
そのため欧米においてビーポーレンは「パーフェクトフード(天然の産物としては完全な食品)」と呼ばれ、高く評価されています。近年、日本でもスーパーフードとして注目されつつあります。

ビーポーレンには、ほとんどのビタミン(A・B1・B2・B6・B12・D・E・C・K・葉酸など)や、全ての必須アミノ酸、ミネラル(カルシウム、マグネシウム等)、フラボノイドやカロチン等の栄養素が、バランス良く含まれています。さらに、酵素、補酵素、ホルモン様物質、抗ウイルス性物質(天然の抗生物質)等々、97種類以上の栄養素が含まれています。まさに「パーフェクトフード」なのです。

ビタミンとミネラルが総合的に含まれています

ビタミンやミネラルはほとんどが人間の体内では作ることができないので、食べ物から摂る必要があります。ミツバチ花粉にはビタミン群が豊富に含まれており、その中でも特にビタミンB群が多くみられます。
重要なのは、ビタミンとミネラルは多くの場合お互いが作用しあってその機能を働かせますので、一種類のビタミンやミネラルだけを摂取するのではなく、なるべく総合的に含んだ食べ物から摂る事が理想的です。ミツバチ花粉に含まれる豊富な栄養成分は、体内の働きを優しく助けてくれることでしょう。

※テキストは森羅万象websiteより引用編集させていただいています

紹介アイテム

特集一覧
error: Content is protected !!